×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

坐骨神経痛の症状は人さまざま

坐骨神経痛とはその名の通り坐骨神経の痛みの症状です。坐骨神経という神経の名前はよく聞くと思います。この坐骨神経というのは、実は人間の体においてもっとも太くて長さのある抹消神経なのです。この坐骨神経が何らかの原因で圧迫・刺激されて痛みなどの症状が出てくることを、坐骨神経痛と呼んでいます。

坐骨神経痛の症状には様々なものがあり、おしりから太ももの裏側やふくらはぎ、足の裏にかけて痺れたり強い痛みを感じたり、といった症状が一般的です。坐骨神経痛の痛みやしびれについては人によって様々で、ジンジンしびれるという人もいればひどいヤケドのようなビリビリした痛みが走るという人もいます。ですから坐骨神経痛の症状についてあまり知識のない人が、周りにいる坐骨神経痛の経験者から症状を聞いて、その人と症状が違うから自分は坐骨神経痛でないと勘違いしている場合も時々見受けられるようです。

さて坐骨神経数の症状がひどくなる時期ですが、特に冬の時期が痛くなるという人が多く見られます。しかし冬場だけでなく季節の変わり目などには坐骨神経痛の症状がひどくなる人もいるようです。いずれにしても坐骨神経通の人にとっては、そのような時期は一日もはやく過ぎて欲しいものです。

坐骨神経痛の症状を引き起こす原因

坐骨神経痛は腰から足にかけて痛みや痺れがあるので、症状の重い軽いに関わらず非常に不快でつらいものです。坐骨神経痛の症状が重い人になると、夜も眠れないほど苦しんでいる人もいますし、坐骨神経痛の痛みや痺れで仕事や日常生活に支障をきたしたり、不自由な思いをしている人も見受けられます。

坐骨神経痛の症状が出てしまう原因は、坐骨神経が刺激されることにあります。ではなぜ坐骨神経が刺激されてしまうかというと、その原因のひとつとして主なものに椎間板ヘルニアがあります。骨間から飛び出したヘルニアによって坐骨神経が圧迫、刺激されて痛みやしびれの症状が出ます。

また、妊娠が原因で坐骨神経痛の症状が出ることもあります。胎児が育って体重が重くなってから症状が出ると思いがちですが、坐骨神経痛の症状が妊娠初期から出ることもあります。全然予想していなかったのに思いもよらず坐骨神経痛の症状が妊娠中に出てしまい、病院や整体で治療を受ける妊婦も見られますので油断はできません。

坐骨神経痛の症状が出てしまう原因としては、ほかにストレッチや体操などで下半身に無理に力をかけすぎることなどもあります。坐骨神経痛の症状を引き起こさないように、ランニングなのど運動やストレッチ、体操するときは無理の無いよう適度な負荷で行うようにしましょう。

坐骨神経痛の症状が出たら−治療法

坐骨神経痛の症状が重い人は日常生活にも支障が出るので、早く適切な治療を受けて症状を軽くしていかなければなりません。坐骨神経痛の症状が重い人には、ブロック注射、さらには外科的な手術を受ける治療法があります。坐骨神経通の症状が比較的軽い人は、固いベッドや布団などで寝る治療法によって、痛みやしびれが改善される人も中にはいるようです。症状が軽い方だと自分で感じる人は、薄手の座布団などを敷いて寝てみる治療法で坐骨神経痛が改善するかもしれません。

しかし症状が軽く感じるからといって、素人判断で坐骨神経痛治療するのは危険が伴います。どんな病気でも共通していえることかもしれませんが、坐骨神経痛の症状が出たら病院で医師に診察してもらい、指示された治療法に従って適切な治療を施すことがもっとも大切です。また、病院での治療と鍼灸・ツボの治療や整体を併用して坐骨神経痛の症状が軽くなったという人もいるので、つぼ・針や灸と坐骨神経痛治療法を併用しても良いかもしれません。

ところで、妊娠中の坐骨神経痛の発症はすこし厄介かもしれません。というのは妊娠中の坐骨神経痛の治療に際しては、薬や電気治療といった治療法を受けられないことがあるからです。したがって妊娠中はシップを貼るのみで、坐骨神経痛の症状がやわらぐのを待つといった治療法が多く見られます。

坐骨神経痛症状のオススメ予防法&グッズ

坐骨神経痛や腰痛の症状の原因は、姿勢が悪いこともその一つです。正しい姿勢を保って日常生活を送ることが、坐骨神経痛や腰痛の症状をやわらげたり、予防することになります(椎間板ヘルニアが原因の場合に限ります。脊柱管狭窄症が原因の坐骨神経痛の症状は除きます)。日常生活の中での予防法と、坐骨神経痛や腰痛の症状を和らげたり予防するための市販グッズ(楽天)の中から、効果について特に評判の良いものを紹介します。

●畳や床に座るときは、あぐらでや横座りではなく、正座が効果的です。背筋が伸びて腰の負担が軽くなります。
>>正座用いす

●家事は中腰の姿勢が多くなりがちです。中腰は腰への負担が大きく、坐骨神経痛や腰痛の原因になります。アイロン掛けは、中腰にならないようにアイロン台を使うようにしましょう。
>>椅子に座りながらアイロン掛けできるアイロン台

●長時間のデスクワークや車の運転は、腰の負担が大きくなり、坐骨神経痛や腰痛の原因になります。イスに深く座り、イスの背もたれと腰の間にクッション(腰当)などを入れると、腰椎の負担が軽くなり、楽になります。
>>腰当て

●育児も腰への負担が大きいものです。赤ちゃんは、基本的におんぶがおすすめです。だっこは腰の負担が大きく、腰痛や坐骨神経痛の症状の原因になりやすくなります。
>>ergoエルゴ ベビーキャリア おんぶ紐

Copyright © 2007 坐骨神経痛の症状をやわらげる治療法とは?